ホワイトニングはどのような人が受けると良いの?また、効果とメリットの情報も確認へ

どんな人に向いている?ホワイトニングの効果とメリット

>

ホワイトニングによる施術のメリットと効果について

ホワイトニングを受けることができない人は

ホワイトニングの施術は、虫歯や歯周病を抱えている人は受けることができません。なぜなら、患部に沁みる症状が出てしまえば、効果が下がる可能性がある以外に痛みも伴うのでマイナスとなりかねません。歯医者で治療を受けた後に、ホワイトニングをしてもらいましょう。

また、知覚過敏の症状がある人や、歯や詰め物にヒビがある人も痛みの症状が出てしまう可能性が増します。各種症状に合わせて、歯科医による治療を受けてください。

その他、妊婦さんや授乳中の女性は、ホワイトニングにより胎児や乳児に健康面で悪い影響を与える可能性があるようです。何らかの理由で歯の神経が死んでしまっている人も、効果が出ない場合があります。気になる症状があれば、歯科医に相談をしてください。

できるようにするポイントと長持ちのコツ

ホワイトニングを受けるには、虫歯や歯周病をはじめ各種治療で完治させてからするのが良いです。痛みが無い状態で施術を受けられる以外に、白い歯の状態を維持しやすくします。なお、虫歯や歯周病予防の観点でもホワイトニングは効果があるようです。賢く活用すると、末永く歯が健康な状態を維持できます。また、歯医者によっては定期健診とセットでホワイトニングをする所があります。

また、歯の白い状態を維持するには、通常の歯磨き粉でブラッシングをした後に歯を白くする薬剤を施すようにしましょう。手間と費用を要するかもしれませんが、歯の見た目を重視したい人向けの方法です。なお、甘みの多い炭酸飲料をはじめ、ステインの原因になる着色成分が多いものを飲食した後に口濯ぎをするだけでも、着色予防の効果が出ます。

各種参考にして、ホワイトニングをできる歯の状態にして歯の健康も得ましょう。


この記事をシェアする